2008年05月15日

独立採算制についての提案

独立採算制についての提案


事業部制・独立採算制を導入して責任を持たせば

結局「国の借金」とは、省がお金をいっぱい使いたいから、「配賦」と言うお金の流れ道を作り、

公債(借金)を際限なく集めた結果なのでしょう。

そのお金は税金ですのですがあまりお金と言う感覚がありません。

公債に関し財務省は、業務が配賦と税収頼みの利払だけなのに、・・負債・・公債をすべて任せられています。

うがった見方をすれば国が破綻した時の責任の受け皿とも見えまして、財務省さんも心優しき方ばかりです。

国及び省の公会計、歳入歳出決算(一般会計・特別会計)にもほころびが出てきています。

今年も黒字のようですが、一方で貸借対照表は大赤字を示しています。

もう現金主義(借金も収入)なんか古い、家計簿だって借金は別扱いですよ。

それに「純計」、こっちが本当で、じゃあ特別会計は何?よくわかりません。

実は特別会計は最初から予算に組み入れているものです。それも良くわかりません。

もう各省に「事業部制・独立採算制」を導入しましょう、私は提案します。

昭和三十年代に松下電器産業が初めて導入して全企業に広まり、今では企業経営の常識です。

「事業部制・独立採算制」を導入すれば、企業会計(貸借対照表・損益計算書)を基準に、

省自らが事業性・採算性を判断し業務を遂行する事となります。

そうなれば国の借金問題なんか起こるわけがなく、さらには省の風土や体制・組織もよくなり、

公務員の意識も向上し、地方行政の模範にもなって、「一流の行政」と評されるでしょう。

省としての損益は対外的には0ですが、省内では利益を目指します。

利益は成果に合わせて公務員の給与に反映させ、余りは剰余金として残し、損失補填等に使う事となるでしょう。
国の借金1000兆
posted by あちゃこ at 10:44| Comment(0) | TrackBack(0) | 独立採算制 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。